上海ディズニーランドで遊具故障、乗客が30分宙吊り

            
  • 2017.01.13 Friday
  • 10:41

上海ディズニーランドで10日午後7時40分ごろ、フライトシュミレーター型アトラクション「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」が故障し、乗客が30分近く空中で宙吊りになった。けが人はなかったが、高齢者や子どもが精神的なショックを受けた。寧波網が伝えた。
 アトラクションでは、「ライド」と呼ばれる座席が空中に上昇後、巨大スクリーンに世界各地の風景が映写され、乗客は空中を飛んでいるような感覚が楽しめる。
 乗客によると午後7時半ごろ、シートが上昇し風景の上映が開始5分後スクリーンの映像が消え、周囲が真っ暗になった後、故障を知らせるアナウンスが流れた。故障から約30分後、全員が地面に降りた。
 上海ディズニーランドは、2016年6月16日の開業後、アトラクションの故障がしばしば起きている。客からは「アトラクションは毎日点検しているはずなのに、なぜ故障が頻発するのか」などと話している。

 

(参考)http://money.163.com/17/0111/10/CAGABK7R002580S6.html


台湾との関係断絶求め、中国がシンガポールに圧力

            
  • 2017.01.13 Friday
  • 10:40

 香港税関が武器の密貿易の疑いでシンガポール軍の装甲車9台を押収した事件で、英フィナンシャル・タイムズは11日、中国が装甲車返却の見返りに、シンガポールと台湾との関係断絶を求めていると報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。
 香港税関は昨年11月、装甲車が台湾・高雄港発、シンガポール行きの商船に積まれて香港に寄港した際に押収した。装甲車は台湾での演習の帰りだったとみられている。
 同紙は、中国政府がシンガポールに圧力を掛け、台湾の一層の孤立化を狙っていると伝えた。
 シンガポールは、中国政府の反対にもかかわらず、台湾との一定の関係を維持しており、2013年には自由貿易協定(FTA)を締結した。
 

(参考)http://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/4-01112017143222.html


台湾との関係断絶求め、中国がシンガポールに圧力

            
  • 2017.01.13 Friday
  • 10:39

 香港税関が武器の密貿易の疑いでシンガポール軍の装甲車9台を押収した事件で、英フィナンシャル・タイムズは11日、中国が装甲車返却の見返りに、シンガポールと台湾との関係断絶を求めていると報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。
 香港税関は昨年11月、装甲車が台湾・高雄港発、シンガポール行きの商船に積まれて香港に寄港した際に押収した。装甲車は台湾での演習の帰りだったとみられている。
 同紙は、中国政府がシンガポールに圧力を掛け、台湾の一層の孤立化を狙っていると伝えた。
 シンガポールは、中国政府の反対にもかかわらず、台湾との一定の関係を維持しており、2013年には自由貿易協定(FTA)を締結した。
 

(参考)http://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/4-01112017143222.html


今後10日間に華北地区で断続的にスモッグと霧

            
  • 2017.01.12 Thursday
  • 10:39

 中央気象台は10日、北京、天津など華北地区などで今後10日間、断続的にスモッグと霧が発生するとの予想を明らかにした。中国新聞社が伝えた。
 11、12日の両日と15日、華北中・北部で軽度、華北南部で中程度、一部地区では重度のスモッグとなる見通し。
 中国では新年に入り、全国的に平年より高い気温が続いて来たが、今後10日、寒気が強まる見通し。
 気象専門家は「ここ数日、気温の変化が激しくなるので、防寒対策が必要。華北地区では、断続的に霧、スモッグとなるため、運転の際は注意するべきだ」と話している。

 

(参考)http://news.sohu.com/20170110/n478307419.shtml


中国軍機9機が対馬海峡通過、「今後も継続」と国防部

            
  • 2017.01.12 Thursday
  • 10:38

 防衛省統合幕僚監部は9日、中国軍のH6爆撃機6機、Y8哨戒機、Y9電子偵察機が同日午前、対馬海峡を越えて日本海に進入したと発表した。台湾中央社が10日伝えた。 中国国防部の梁陽報道官は「海軍航空隊の海空共同訓練で、計画に基づくもの。特定の国を対象としたものでなく、今後も続ける」と述べた。
 梁報道官によると、海軍航空隊は9日、付近の海域に展開中の海軍艦艇と共同訓練を行った。
 防衛省によると、中国軍機の飛行に対し航空自衛隊機が緊急発進し警戒に当たった。中国軍機は飛来した際と同じ航路で中国本土に戻った。日本領空へ侵犯はなかった。

 

(参考)http://www.cna.com.tw/news/acn/201701100447-1.aspx


中国企業が買収のドイツ企業、江蘇で廃液不法投棄

            
  • 2017.01.06 Friday
  • 11:36

 繊維用染料製造大手の独ダイスター社傘下のダイスター(南京)染料有限公司(江蘇省南京市)が同省揚州市を流れる「大運河」に廃液2698トンを不法投棄していたとして、江蘇省揚州中級法院(裁判所)がこのほど、環境汚染罪で罰金2000万元の支払いを命じる判決を言い渡した。鳳凰網が伝えた。 
 不法投棄していたのは酸性廃液で、濃度は59.34%と、環境汚染罪が適用される基準の数百倍に達していた。投棄場所付近は水路が入り組んでいるため、付近の浄水所多数が取水を中止する騒ぎが起きた。
 揚州市江都区環境保護局が不法投棄を摘発、警察に告発した。同社の責任者は、会社の評判が悪化することを恐れ、証拠の隠滅を各部門や業者に命じていた。
 独ダイスター社は、繊維用染料では世界最大の企業。米投資会社を経て2010年、中国化学品メーカーの浙江龍盛集団に買収された。ダイスター(南京)染料有限公司は孫会社で、04年に発足した。
 

(参考)http://news.ifeng.com/a/20170104/50519528_0.shtml


広西の幼稚園に刃物男侵入、園児12人重軽傷

            
  • 2017.01.06 Friday
  • 11:35

 広西チワン族自治区凭祥市の小聡仔幼稚園で4日午後3時20分ごろ刃物を持った男が侵入して園児に切りつけ、12人が重軽傷を負った。新華網が5日伝えた。
 男は包丁を隠し持ち、子どもを迎えにきたと守衛を騙し、園内に侵入。教室でおやつを食べていた園児に次々と切りつけた。
 担任の教員2人が、直ちにプラスチック製の椅子で抵抗。間もなく駆けつけた警察官が男を取り押さえた。
 警察によると、男は近くに住む覃鵬安容疑者(41)。調べに対し覃容疑者は、地元の住民からいじめを受けており、うっ憤を晴らすため園児に切りつけたと話している。警察がさらに詳しい事情を調べている。
 

(参考)http://edu.youth.cn/jyzx/jyxw/201701/t20170105_9013507_1.htm


北京でスモッグ続く、空港バス運休、列車も一部遅延

            
  • 2017.01.06 Friday
  • 11:34

 連日スモッグで覆われている北京市で5日小雪が降った。北京市気象局は5日午前、雪が大気汚染物質を含んでいるとして、なるべく外出を避け、外出の際は傘をさすなど防護するよう公式ミニブログを通じて注意を呼びかけた。5日付法制晩報が伝えた。
 同局によると、5日午前、北京市中心部と南部で小雪が観測された。同局はまもなく「雪がとても汚れている」という文言を3回も繰り返すメッセージをミニブログに掲載し、屋外のいる時間を極力減らすよう呼びかけた。
 専門家によると、雪は大気中のちりを核にして形成されるため、微生物や汚染物資を含む場合もある。特に初雪はちりの量が多いため、子どもになるべく雪で遊ばせないよう注意が必要という。

 

(参考)http://http://tech.sina.com.cn/d/n/2017-01-05/doc-ifxzkfuh5393877.shtml


四川省攀枝花市の党書記と市長、部下の局長に撃たれけが

            
  • 2017.01.05 Thursday
  • 11:33

 四川省攀枝花市のコンベンションセンターで4日午前10時50分ごろ、市トップの張エン・共産党書記(エンは炎にりっとう)と李建勤市長が市幹部と会議中、侵入してきた同市国土資源局の陳忠恕局長(54)に銃で撃たれけがした。博聞社が伝えた。
 陳局長は現場で銃で自殺した。張書記と李市長は病院に運ばれ治療を受けているが、命に別状はない。 
 陳局長は、汚職の嫌疑が持たれていた。市党委員会と市政府が取り調べを決めたことに反発し、凶行に及んだとの見方が出ている。事実なら、汚職取り締まりに絡み、地方の高官が銃撃を受けたのは、習近平政権の汚職取り締まり活動が始まってから初めてとなる。
 

(参考)http://bowenpress.com/news/bowen_156162.html


空母「遼寧」、殲15戦闘機搭載し南シナ海で演習

            
  • 2017.01.04 Wednesday
  • 11:31

 中国海軍は2日、航空母艦「遼寧」を中心とする空母艦隊が、南シナ海で「殲15」戦闘機の離着艦など各種の演習を行ったと発表した。英BBC放送中国語版が伝えた。
 遼寧は、5隻の軍艦を率いて、台湾付近の海域を航行した後、同国が領有権を主張する南シナ海をパトロールした。
 中国海軍は最近、台湾付近の南シナ海で活動を活発化させている。背景には、中国と台湾の関係の緊張が背景にある。

 

(参考)http://world.huanqiu.com/exclusive/2017-01/9897262.html



カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

サイト内検索

広告1

広告2

アーカイブ

        

スマートフォン用QRコード

qrcode

others